旧借地権の特徴とは

クローバー旧借地権の特徴として、借地契約を更新し続けることで半永久的に借りられることです。もちろん、すべての旧借地権が同じとは言いません。しかし、ケースによってはそういった家屋があるのも事実です。他にも、存続期間が定められていれば家屋などが朽廃しても借地権が消えません。存続期間が定められていれば、借地権は消滅するのですが定められていない場合は地主側が契約解除を求めることも出来ないのです。

旧借地権は借主に強い特徴を持っていて、新しい法律が施行されるまでは全国的にトラブルも少なくありませんでした。借地権があることを前面に出す借主もいたからです。この旧借地権は1921年から1992年までの71年間続いた法律です。戦後の高度経済成長を経て、土地代が高騰化したことで、安い地代で半永久的に帰って来ない土地は地主からも好まれない傾向にありました。そのため、借地の新規供給が大幅に減ったことも、新しい法律が施行された理由のひとつなのです。

普通であれば、新しい法律が施行されれば強制的に移行します。しかし、借地権の場合は新しい法律に移行したことで借主が不利になる場合もあるため、新しい法律が施行前の建物は現状のままで良いとされたのです。